TOP PAGE > ポイントA ボディケアとか下地処理とか > ボディのピッチ&タール

ボディに付着したピッチやタール

 ピッチやタールと言った物は、舗装アスファルトの成分がタイヤで跳ねて飛び散った付着物です。 タイヤの直ぐ後にあるドア部分等の下側によく付着しているアレです ^^

ピッチやタール

@ 早期に除去しておく

 ボディにピッチやタールが付着しているのを発見したら、早めに除去洗車するのをオススメします。

 早いうちなら柔らかく、比較的取れやすい状態ですが、時間の経過と共に強固に固着してしまい、後々取れ難くなります。

A 地道な作業

 意外と、簡単に除去出来るケミカル品は無いです・・・。

 専用のピッチ&タール・クリーナーを使っても成分が柔らかくなるだけですから、地道にカリカリ擦って取る方法しかないんですね〜。

 ちなみに、専用クリーナーで付着物を十分柔らかくした後は、爪の先でタオル越しに擦れば傷も最小限に抑えられます。

B 鉄粉除去粘土も使える

 ある程度まで大きな付着物は上記の地道な作業で除去しておき、小さい付着物なら「鉄粉除去ねんど」が有効です。

 十分な水で流しながら作業して下さいね〜 ^^(ただ、傷が付くリスクは高いです)

C 仕上げはコンパウンドも

 余りにも頑固な付着物を除去した場合には、少なからず擦り傷が残ったり、アスファルトの成分の色がボディに付いていたります。

 そんな場合には、仕上げにコンパウンドを使っちゃいましょう〜 ^^)ノ

コンパウンド

D 再付着防止策

 ピッチ&タールは、ボディの小まめなメンテナンスで再付着防止が出来ます。

 走行中で付着する場合にはボディの下側が多いですので、下側の部分までキッチリとワックスやコーティングをしておけば、付着した時の除去作業も軽減出来ます。

E 最後に一言

 ボディケアの中でも、固着してしまったピッチやタールはけっこう厄介です。

 なのでいずれにしても、日頃のメンテナンスはきっちりやっておきたいものですね。

洗車教室 TOP PAGE へ戻る

サイト管理人スペック: 車屋さん下積み時代には、一時期、磨きコーティング部門の責任監督&新人研修指導にあたった事も。(地元大手中古車販売店) ちなみに業界歴は、中古車や新車はもちろんのこと、外車ディーラーの経験までも。 今は小さな車屋さんを経営しております。

Copyright (C) 洗車教室.net All Rights Reserved. (Since:2006)