洗車の時の水洗いのポイント、基本

 自動車を洗車する場合に、一番最初にやる事が水洗いとなるわけですが、ただ単に水を掛ければ良いわけではありません。水洗いのコツを紹介していきます。

水道水

@ ボディの砂やホコリを落とす

 先ず一番最初は、ホースの出口をつまんだり高圧洗浄機を使ったりして、水の勢いでボディの上に乗っかっている砂やホコリを飛ばしていきます。

 水の勢いで落ちる砂などはサイズも大きめですので、洗車キズを最小限に抑える為に必ずやりましょう。また、水を掛ける場合には、ルーフなど高い位置にある部分から低い所へ移るのが基本です。

A 濡れタオルの重みで撫でる

 水の勢いである程度ボディの汚れを落としたら、次は濡れタオルでボディを擦って汚れを落としていきます。

 しかし、ボディを擦ると言っても手の力で撫でるのではなく、水を含んだ濡れタオルと手のひらの重みでボディを撫でるような感じです。

 ボディを撫でる時には、水が掛かっているからと言って、濡れタオルだけでボディーを撫でるのは洗車キズを増やす原因です。必ず常にボディを水で流しながら撫でていきましょう。

 感じとしては・・・、タオルで撫でる箇所を水を流しながら、水がボディとタオルの隙間の潤滑剤になるような感じで水を流します。(かけ流し状態)

 もちろん、ボディをタオルで撫でる時にも「高い所から低い所へ」が基本です。

B ボディシャンプーは水洗い後

 自動車を洗車する時にボディシャンプーを使う人が多い様子ですが、ボディに水を掛けた直後にいきなり泡立ったシャンプーで洗車するのはやめましょう ^^

 一見、洗剤のヌルヌルが潤滑剤のような感じでボディに優しそうですが、スポンジなどで擦って取れた汚れや砂が泡に含まれたまま流れないので、汚れや砂が混じったままの泡で洗車している状態ですから、洗車キズの原因にもなります。

 シャンプーを使われる場合には、必ず水洗いをした後にしましょう〜。(なお、その水洗い後にコーティング作業をされる場合には、ここでのシャンプーは脱脂シャンプーとかにしておきましょう。 市販の普通のシャンプーはコーティングに向きません

 ちなみに・・・ 泡洗車にはスポンジではなく、「ムートン」の使用をオススメします ^^)ノ

 ムートンはソフトで泡切れも少なく、ボディに吸い付くように快適かつ迅速に作業が進められますよ〜 ^^(もちろんこれも力は入れず、ムートンの重みだけで)

C ブラシ系は使わない

 ホースをブラシの根元に差し込むタイプの洗車ブラシを良く見かけますが、ブラシでの洗車は必ず傷が入ります。ブラシの使用はホイールハウスの裏などの使用に抑え、ボディの洗車には絶対に使わないようにしましょう ^^)ノ

ブラシ

D 高温時、炎天下では絶対にならない事!

 洗車の基本中の基本!それは・・・

 高温下、炎天下では絶対に洗車をしない事!

 です ^^

 え〜〜 真夏でも車屋さんは外で洗車してるじゃーん。 ・・・と言いたい所なんですが、 これは、仕事なんで仕方無しで洗車しているだけです (;^v^A (私は車屋さんですから・・・)

 高温下、炎天下での洗車は、必ずボディが痛みます。

 焼けるようなボディでは、水道水が蒸発した時に出来る「イオンデポジット」も出来やすく、ワックスがけの環境としても最悪の環境です。

 それでもどうしても夏場に洗車をする時には、出来るだけ曇りの日を選択し、朝夕の比較的涼しい時間帯で、かつ曇りでも日影になる場所を選んで洗車をしましょうね〜 ^^)ノ

 関連 ”洗車、基本中の基本事項

 あ! それと・・・ 風の強い日の洗車もタブーです。

 風が強いと砂やホコリの飛来も多く、水でボディの汚れを流しても、拭き取りの段階で既にボディ上には砂やホコリで満載・・・なんて事も。

洗車教室 TOP PAGE へ戻る

サイト管理人スペック: 車屋さん下積み時代には、一時期、磨きコーティング部門の責任監督&新人研修指導にあたった事も。(地元大手中古車販売店) ちなみに業界歴は、中古車や新車はもちろんのこと、外車ディーラーの経験までも。 今は小さな車屋さんを経営しております。

Copyright (C) 洗車教室.net All Rights Reserved. (Since:2006)