TOP PAGE > NEWS & BLOG > 自動車のシートって丸洗いできるの? /UP-DATE: 平成24年9月5日

自動車シートの丸洗い。そんな事出来るの?

 いきなり ? な、ネタでは御座いますが、

 極稀に、シートの丸洗いについて少々聞かれる事もあるので、運転席や助手席はもちろんのこと、後部座席などのシートは丸洗い可能なのでしょうか?

 というわけでまあその車種などにもよりますが、

 車屋さん的には、シートの汚れがひどい時には〜 展示車美化などにおきましてシートを丸洗いする事はボチボチと御座いまして、しかも! その丸洗い方法は〜 シートそのものを車体から取り外し、水をバシャバシャ! 洗剤ゴシゴシ〜 みたいな。(丸洗いするなら、まあシートを丸ごと取り外ししないと、、、 そのままだと車内が水浸しになってしまうので、まあこの辺は当然とも。 ちなみにシートって、意外と簡単に取り外し出来ます。 基本的には、運転席や助手席はネジ4本、後部座席はネジ2本くらいかな・・・ ただ、後部座席はピンでとまっている箇所もあるので、その箇所を予め知っておく必要はありますが)

シート丸洗い

 但し! こういった丸洗い可能なシートは、商用貨物系に多いビニール表面のシートや、乗用車系だと〜 シートベルトのバックルやパワーシート、シートヒーター、着座センサーなど(特に助手席。 シートに座ってシートベルトをしていないと警告ランプが付く場合、ほとんどこの着座センサーが入っているかと)・・・ シートに電装機器が全く装着されていないような、かつ比較的薄地のシートに限られ、

 しかも! ちょうどこの時期くらいの(7月中旬〜9月上旬)、真夏の炎天下・高温快晴時でないと〜 そもそも作業 (丸洗い)は難しいかな・・・
(真夏の炎天下で一日中天日干ししないと・・・ はっきり言ってシートが乾き切りませんから(最低限、そういった天候炎天下丸2日間の乾燥時間は必要)。 ちなみにもし短時間で乾ききらなければ〜 生乾きから臭いが発生したり、カビはもちろんの事、金属部分の錆の原因にも。。。 なお特に錆に関しましては、転売時の査定業者によっては冠水車の疑いをもって査定されてしまう可能性もありますので (査定業界では、シート裏金属などのサビは先ず ”冠水歴 (つまり水没歴)” を疑いますから)、この辺りはかなり要注意とも)

 またその他、丸洗い完了直後(天日干し前)には エア・ツールなどで金属の可動部分内部に入った水分をエアーで吹き飛ばす作業も必要ですし(乾燥後のグリスアップも要)、ある程度までシート内部にしみ込んだ水分を吸い取れるような湿乾両用の吸引器?掃除機などにて、水分や汚水の除去作業の必要性なんかも。。。(最近のクルマは、軽自動車のシートでも意外と肉厚ありますから、ある程度までシートにしみ込んだ水分を除去してからでないと、いくら真夏の炎天下天日干しとは言えども、短時間での完全乾燥は困難ですから。。。 また加え、そもそも洗い方が悪ければ、汚れがシート内部にまで入り込んでしまい、乾燥と同時に〜 それらシート内部の汚れが表面へ再浮上してくる・・・ なんて事もありますので、こういった洗いのノウハウなんてもの必要ですし)

 そしてそれら以前に、そのシート生地によっては炎天下干しにて変色する可能性もあり・・・(つまり使う洗剤の種類を含め、この辺のシート生地の取扱いノウハウも必要かと)

 と、

 意外と? こういった具合なので、

 一応丸洗いは可能と言えば可能ですが、まあ素人の方は先ず絶対に手を出すべきではないかと。

 なので、というわけで、もしどうしても丸洗い・・・ というならば、先ずはカークリーニング業者か、コーティング専門店(意外と自社にてクリーニング作業可能なお店も多いです)、最寄の車屋さん等にご相談を。(クリーニング業者によっては、洗剤や水を出しながら〜 同時に水分や汚れを即時吸水出来るような丸洗い業務用機器があったりしますので、シートへの負担も少なくクリーニング出来、場合によっては電装機器が多く装備されているようなクルマでも丸洗いできる可能性もありますし〜 またそもそも、丸洗いせずとも〜 シート生地の表面だけを交換する・・・ という手もあり(取替にはちょっと手間や技術こそ必要ですが、一般的にシート生地の表面は純正部品として部品供給されておりますから。 ただそこだけが新品になる事により他の古いシートとの経年変化による色違い差が懸念されはしますが)、その方が手間いらずで かつ意外と安上がりの場合もありますので)

 尚、それでも〜 費用を掛けずに美化したく、自身にて丸洗いにチャレンジしたい・・・ といった場合には、もちろん! 完全に自己責任にて、かつ清水の舞台から飛び降りるくらいの気合いで挑戦されてみて下さい。(私は一切責任持てません ^^)

 結果いい具合に仕上がればいいですが、、、 ただ失敗しちゃうと〜 以前よりシートの状態が悪化したり、逆に痛い出費となる可能性も有ります事も最後に付け加えておこうかな。(あ、もっともっとそれら以前に、その丸洗いで汚れが落ちるかどうかも。。。)

 (※ ちなみにシートは外さずで ちょっとした汚れクリーニング程度ならこちらをご参照ください)

 以上、色々と各ご参考までに。

NEWS & BLOG 記事一覧

洗車教室 TOP PAGE へ戻る

車屋さんの私が運営管理するブログ〜 車屋さん’s ”車の洗車・ワックス・コーティングBLOG”

Copyright (C) 洗車教室.net All Rights Reserved. (Since:2006)