TOP PAGE > ポイントC 仕上げ、その他細かいこと > アクリル窓のメンテナンス

自動車・幌のアクリル窓のメンテナンス

 ここ近年では随分と少なくなりましたが、ちょっと年式の古いロードスターやBMW・Z3、ビート、Jeepラングラー等の幌車には、ビニールのようなフニャフニャのアクリル窓が付いていますよね〜 ^^

 で、 このアクリル窓。

 非常に傷付きやすい柔らかい素材であり、色々な環境下での劣化もかなり早いのが特徴です(小キズでくすんだり、黄ばんだり、日焼けしたり・・・)。

 何か良いケミカルはないのでしょうか・・・

@ 専用クリーナーでのメンテナンス

 ビニールのようなアクリル窓は、その都度どんなに丁寧に洗車していてもいつの間にか傷が付いてしまいます。

 さらに傷が増えると、全く外が見えないくらいに曇ってしまいますし、劣化して黄ばんで変色してしまう事も・・・。

 そこで! コレの出番。

 樹脂・アクリルなどにダメージを与える成分が全く入ってなく、研磨剤なども一切含まれていない中性タイプのクリーナー「プレクサス」。

 拭き取り後はアクリル表面に強力な保護皮膜層を形成し、傷や紫外線からアクリルを守ってくれます ^^

 さらに、アクリル表面の細かい傷まで埋めてくれるので、アクリルの保護だけでなく、透明度や光沢の回復にも重宝するクリーナーです ^^)ノ (ただ深い傷やくすみ、劣化のひどいアクリルには気休め程度ですが・・・)

 元々、プレクサスは航空機で使われている強化プラスチックのフロントガラスの視界を保つ為に開発されたメンテナンスクリーナーで、過酷な環境下でも傷付ける事なくメンテナンスが行えるように・・・と、作られた逸品。 またこのクリーナーは「米軍品質検査基準」をクリアしているばかりでなく、水族館などのアクリル水槽パネルのメンテナンスや色々な機器などのメンテナンス品としても幅広く採用されている凄いメンテナンス用品なんです ^^

 もしお機会御座いましたら一度ぜひ。

洗車教室 TOP PAGE へ戻る

サイト管理人スペック: 車屋さん下積み時代には、一時期、磨きコーティング部門の責任監督&新人研修指導にあたった事も。(地元大手中古車販売店) ちなみに業界歴は、中古車や新車はもちろんのこと、外車ディーラーの経験までも。 今は小さな車屋さんを経営しております。

Copyright (C) 洗車教室.net All Rights Reserved. (Since:2006)